任意整理をするとどうなるの?

 


『任意整理とは』

任意整理とは、債務整理の一種です。任意整理の特徴を説明します。

任意整理とは借金の返済が出来ないという方の代理人が、消費者金融やサラ金と交渉して、返済しやすいようにすることです。この代理人とは、一般的に弁護士や司法書士の事を言います。これをすることによって返済計画が確立され、債務書はその返済計画に沿ってお金を返していくだけなので、とても楽になるのではないでしょうか。

 


『メリットは』

任意整理をするメリットは先ほど説明したことの他にもメリットはあります。

一つは、借金の返済額が減る可能性があります。貸金業者は利息上限法という法律によって決められた利息以上を取ってはいけません。しかし、この利息上限以上もらっている消費者金融やサラ金が多いのが現実です。債務者はこの払いすぎた利息の返還請求をする権利が認められています。もし任意整理をして過払い金があることが発覚すると、お金が返ってくるかもしれません。

もう一つは、家族や親せきに借金をしていることがばれずに債務整理をすることが出来ます。内緒で借金をしていて、これをどうにかしたいと考えている方は一度、任意整理を検討してみてはいかがでしょうか。


 

『その後』

任意整理をしてその後どうなるの?と疑問に思う方もいるかと思います。はっきり言ってその後の生活にはほとんど影響がありません。もちろん、借金をしていたことがばれることもありません。ただし、数年間は新たな借り入れはすることはできません。期間でいうと最大で7年間です。しかし、借金を返済しなければならないので当然のことだと言えます。
他に、買い物でも一括払いで支払わなくてはいけません。
よくその後の生活について心配している方がいますが、それは全く問題ないと言っていいでしょう。


一緒に任意整理を行ってくれる弁護士はどのように選ぶべき?

借金の任意整理を弁護士の方と一緒にやっていくと決めたら、どのような人を選んだらいいのでしょうか。
法律に詳しい人なら誰でもいいというわけではもちろんありません。
相手も人間ですから、自分の問題を真剣に考えてくれる人がいいでしょう。
そのような人をパートナーにするために、探し方のコツをお教えします。


任意整理の相談にとことん乗ってくれる弁護士を探そう

任意整理を行う前にやっておきたいのが、無料相談です。
これを用いて、その事務所にどんな弁護士がいるのかを見抜くことができます。
もちろん相談内容も大事ですが、無料のサービスは相手の事務所の中を知るためにもぜひ利用しましょう。
さらに、こちらからの要望に柔軟に応えてくれる人を探すのも重要です。
法律のプロに頼むとなると、借金の返済で苦しんでいる上にまたお金を払わなければならないことになるので、分割払いに応じてくれたりある程度支払い期限を延長してくれたりする弁護士を選ぶといいでしょう。


実績も調べておきましょう

そして大事なのが、その弁護士の実績の有無です。
多くの任意整理を担ってきた方、それらの整理に成功してきた方、顧客の様々な要望に応えてきた方などを見つけ出すといいでしょう。
いろいろなポイントであなたに合うパートナーを探し出してみてください。

任意整理した後でできなくなることはある?

借金を減らし、返済しやすくする任意整理。
こう聞くとなんだか整理がいいことのように聞こえますが、しかし実際はそうではありません。
これを行うことによって、今まで利用可能だったものが利用しづらくなったりするのです。
具体的に、どのようなことに影響が及ぶのでしょうか?


任意整理をすると借り入れが5~7年できなくなる

整理を行うということは、信用情報に傷をつけてしまうということでもあります。
お金を借りて返せなかった人に金融機関やローン会社は信用を置きませんので、キャッシングは利用しづらくなります。
整理を行ったという情報は5~7年は残るので、少なくともその期間は借り入れを行うことができないと考えておいてください。
またその時期を過ぎても、審査に通らなくなる可能性も出てきますので知っておいてください。
任意整理後は、お金を借りない生活を送れるようにしましょう。


クレジットカードの作成も困難に

信用情報というのはローンだけではなくあらゆるものに影響してきます。
クレジットカードも7年以上経過しないと審査に通らなくなるので注意しましょう。
借金を返せなくなった時、任意整理を行うのは正しい判断であると言えますが、しかしその後の生活が若干変わってくるということも覚えておいてください。
今から借りすぎないように気をつけましょう。

弁護士と司法書士、任意整理はどちらに委託するべき?

任意整理は難しい書類を大量に作成しなくてはなりませんし、いくつもの法的手続きを踏まなくてはならないため、知識があまりない人が一人で行うのは大変です。
そのため弁護士や司法書士といった法律のプロにお任せをしたほうがいいのですが、いったいどちらに任せたほうがいいのでしょうか?
両者の違いを見ていきましょう。


任意整理の内容で見たら弁護士の方がいい

弁護士の方が幅広い業務を扱っており、借り入れ金額の上限を気にすることなく任意整理を委託することができます。
一方で司法書士には借金の上限が設けられていて、それを超える額を依頼するともう一人の書士に頼むことになり、結果2人分の人件費がかかることになるのです。
その上限は会社によって違いますがだいたい200万円前後となっているので、引っかかってしまうかもしれないという方は弁護士に依頼しましょう。


費用は司法書士の方が安くなる

しかしそこまで高額の借金を抱えていないという人は、司法書士でもいいかもしれません。
人件費が弁護士の30万円~よりも安く、20万円~となっているからです。
ただし、自分で行う仕事が多くなってしまう可能性があるので気をつけてください。
心配な人は最初から弁護士にお願いしましょう。

借金の任意整理にもお金がかかるって本当?

借金の返済ができなくなった時にとる手段の一つが、任意整理です。
借りていた金額を減額してもらい、返済しやすくするというものです。
これを行うだけでも精神的にきついですが、実は、この作業にもある程度のお金がかかります。
どのくらいかかるのかを見ていきましょう。


任意整理にも最低5万円以上かかる

借金の返済だけでも大変なのに、さらにお金がかかるなんて…と絶望的な気持ちになってしまいますが、これは仕方のないことです。
一度過去の清算を行いたいなら、ここで一気に片付けてしまいましょう。
任意整理は自分一人でやるか、弁護士・司書にやってもらうかのどちらかを選べます。
自分だけでやる場合は5万程度で済みますが、書類の制作などがあり作業量がかなり多くなってしまいます。
一方で法律のプロに頼むと30万円以上かかりますが、面倒な書類の作成や手続き等を代わりに行ってくれます。
どのように整理するかはよく考えておきましょう。


借金の整理は弁護士を通じたほうがいい

費用で考えた場合、自分で行ってしまったほうが圧倒的に安く済みますよね。
しかし重要な問題ですから、知識の浅い人が自分ひとりで行うのは少し危険な気もします。
お金はかかってしまいますが、ここは弁護士や司書の方におまかせしたほうがいいでしょう。
そちらのほうが確実ですし、下手に独自でやって失敗してしまうよりかは安く済むかも知れません。